2017年7月1日土曜日

【ヘッドホン】イヤーパッドを洗いました【メンテナンス】

ここのところ、耳の周りがすごく痒い。
原因は多分あれしか無い。
そう、ヘッドホン。

私はパソコンからの音をヘッドホンで聞いているので日常的にヘッドホンを着用しています。それは夏も例外ではありません。
ただでさえ夏には蒸れやすく、更にイヤーパッドが汚れているとなれば肌に良いはずがありません。
というわけで、今回はイヤーパッドを洗濯してみようと思います。



「イヤーパッド 洗い方」などと言ったキーワードで検索してみると、イヤーパッドを洗濯してみた人の記事がそれなりにヒットします。イヤーパッドの外し方も付け方も簡単そうなので、ここは一つ、洗濯してキレイにしてみましょう。

まずはイヤーパッドをヘッドフォンから外します。特に固定はされておらず、隙間にはめ込まれているだけなので、軽い力で引っ張れば簡単に外せます。
両方外しました。左右に違いがあるのか、見た目ではさっぱりわかりませんが、一応念のため、ここからの作業は左右を忘れないように気をつけて行いました。
桶に水と洗剤を入れます。洗剤は特に何も考えずに台所にあった中性洗剤を使いました。多分無難だよね……。
しばらくコレを優しくもみ洗いしました。ガシガシ洗っても大丈夫なのか、それともデリケートな素材なのかわからないので、念のため。
洗剤で洗ったあとは、水で洗剤を流すように洗います。スポンジのような素材なので、洗剤が残らないように丁寧に洗い流しました。
洗浄後はタオルで軽く水気をとります。濡れている時間が長いと雑菌が湧きそうなのでなるべく早く乾かしたいですね。
最後はサーキュレーターに載せて手早く乾かしました。こうするとメチャクチャ早く乾かせるから結構便利です。危険は無いと思う、多分……。

あとはコレをヘッドホンにつけて完成! 写真は撮り忘れました。てへ。
思ったよりも簡単にできたので、これからは最低でも月一で洗っておこうかなと思います。

なお、イヤーパッドを買って交換するという方法もなくはないのですが、結構値が張るので、ボロボになって使い物にならないような状態になるまでは洗って使おうかなと思います。貧乏なので……。

audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ATH-TAD500
オーディオテクニカ (2011-10-14)
売り上げランキング: 168,090

0 件のコメント:

コメントを投稿