2017年6月7日水曜日

仕事でスピードばかり求めると返って無駄が多くなるというお話


今日、こんな記事を目にしました。

チームの成果は「有能な人」ではなく、「最も無能な人」に依存する。

要約すると、「有能な人に合わせると、そこまでのスキルを持たない人がついていけなくなり全体がボロボロになる」と言うもの。

私もこれに似たような体験をしたことがあります。



私が以前務めていた職場の上司は、とにかく仕事が早い人に合わせる方針でした。
作業内容は流れ作業なのですが、これが無茶苦茶で、上流を早くし下流がそれに合わせるというスタイルで進めていました。

なので、下流の人はものすごく忙しい。
コンベアで流れてくる品物を、ちょいと加工して流すのですが、これが全然間に合わない。
限界を超えるスピードで作業しても間に合わず、コンベアで流れてくる品物を、加工は後回しにして、とりあえずテーブルに上げて溜めておくという無駄なことをずっとやっていました。

上司はおそらく、上流を遅くすると下流の手が少しでも空いてしまうことを嫌ったのだと思います。
下流の人員を増やせば済む話なのに、絶対にそれをやらず、下流にいる従業員に遅いだのやる気出せだの、文句ばかり言っていました。

作業スピードはもちろん早いのですがその分雑になりがちで、仕事が汚くやり直しが入ることもザラでした。
忙しい割に仕事が進まない、まるで半クラッチでアクセルを全開にするような無駄の多さです。
従業員はみんな、疲弊していました。

当然、その上司の元で働いていた人の多くは辞めていきました。
仕事のやり方以外にも問題のある上司でしたからね……。

おそらくですが、冒頭の記事にも書かれているように、能力の低い人に合わせて作業をしていればミスも少なくなり、慣れれば徐々にスピードを上げられて効率が良くなると思います。
その方が早くてもメチャクチャな職場より、健全な気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿