2017年5月28日日曜日

【マインクラフト】簡単な焼却炉の作り方



もう結構前の話になるのですが、マインクラフトで焼却炉を作りました。

マインクラフトでいらないアイテムを処理する方法は主に2つあります。
一つはその辺にアイテムを捨てて5分で消えるのを待つ。
もう一つは溶岩やサボテンなどアイテムを消失させるブロックにぶつけてやる方法です。

前者の方法はとても安全でコストもかかりません。
特にブランチマイニングや遠征の途中ではこの方法で捨てるって方が多いと思います。

でも、拠点付近だと後者の方法を採用する人が多いんじゃないでしょうか。
何故かと言うと捨てたアイテムがその辺に落ちてると目障りだし、間違って拾ったりするとストレスだし……ね。

そこで拠点にはアイテムを素早く消すためのゴミ箱を作るわけです。




今回、私が作ったゴミ箱は蓋付きの溶岩処理式です。
それを焼却炉風に見た目を装飾しました。

蓋があるので操作ミスでレアアイテムを投げてしまっても、気づいた瞬間すぐ拾えます。
これは個人的に一番のポイントです。
直接溶岩などに投げ入れたり、チェストからホッパーで吸い取ってドロッパーで打ち出すタイプだと、間違えた瞬間、もう取り戻せないという事態になりがちですから。

そしてもう一つ良い点はクロック回路を使っていないので、騒音にならないという点です。
ゴミ箱なんてその場にいる必要が無いんだから、立ち去ってしまえば音なんて気にならないと言われればその通りですが、やっぱり静かなことに越したことはありません。
そして処理も早い。

なお、動画では煙突の先端をドロッパーにして装飾していますが、このままだとドロッパーの上に敵Mobが湧いてしまいます。
なので石の壁やハーフブロックなど、別の湧き潰し可能なブロックに変えてください。

それともう一つ。
炎を見せている小窓ですが、ここを鉄格子や鉄のトラップドアにするのもいいです。


レッドストーン動力がなくても鉄格子を立たせたままにするテクニックを最近知ったので使ってみました。
やり方は以下の動画でどうぞ。

【Minecraft】鉄のトラップドアを立てたままにする【ゆっくり紹介】

0 件のコメント:

コメントを投稿